読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

「天皇の料理番」のジュテーム(I love you)の訳し方が秀逸すぎた

7月12日で最終回を終えた「天皇の料理番は近年稀に見る名作だった。

  1. 役者の演技
  2. 脚本
  3. 演出
  4. 美術

ドラマのクオリティを決定づける以上4つがどれも満点に近い出来だった。その象徴的な場面がある。5日の11回放送「皇居編〜最愛の人と最後の晩餐」だ。病に伏せている妻俊子にジュテーム(仏語の「I love you」)を聞かれた篤蔵はこう答える。

食うということや。「明日も明後日も私はあなたより長生きします」という意味や 

 何気ないセリフだと感じるかもしれない。しかし、このセリフにこのドラマに携わるスタッフの力量を感じた。そして自分の仕事を想った。

 

広告コピーとは「如何に”買って下さい”という言葉を使わずに商品を人に買ってもらうかの言葉」だ。そしてこの作業に膨大な企画の時間を要する。天皇の料理番は広告コピーよりも遥かに多い言葉の物量を前にして、それでも一語一句を研ぎすます手間を惜しまなかったと言える。これぞプロの仕事だ。最後に日本の文豪が「I love you」をどう訳したか紹介しておきたい。

夏目漱石

月が綺麗ですね

二葉亭四迷

死んでもいいわ

 

チャラい広告マンだったら

一回やらせろ

IT社長だったら

僕の愛人になりなさい

と言った所でしょうか。「I love you」を素敵に訳せる男と出会いたいものですね。