ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

五輪ロゴ盗作問題 - 反論は本人しかできない

ツイッターで長谷川哲士という人がこんな事を呟いていた。 

 

ブログを読んでみたけど良くわからなかった。

 

 

「盗作ではない」と言ってる根拠がどこにも書かれていなかった。本人は「ツイッターのアカウントはもっと前に削除されていた」ことを根拠にしようとしているのかもしれないが全く擁護にもなってないし、ブログも今日作られたもので投稿記事は1つ。いざとなればブログを閉鎖できるようにするためなのだろうか。中途半端に擁護するなら、やめた方がいい。

 

私自身、佐野研二郎さんほどのデザイナーは絶対パクりはしないと思うし、あのタイプのデザインは世の中の無数にあるデザインを探せば似ているものがあるのは当然だと思う。

 

しかし、反論は本人にしかできないのだ。「あの人はいい人だから」は何の説得力も持たない。ソーシャルメディアを閉鎖されたとのことでもう反論の術は限られているのかもしれないが、反論するならカットされないような形で、反論しないならしないままの方がいいと思う。

 

人は色々な思惑、想いをネットにぶつけているのだと改めて感じた出来事だった。

 

こちらの記事もどうぞ

↓↓↓

同一カテゴリーの記事はこちら