読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

フジテレビ月9「恋仲」第3話ストーリー(あらすじ)&レビュー

フジの今クールの月9「恋仲」、第3話の視聴率が11.9%とようやく10%を超えてきましたね(第1話:9.8% / 第2話:9.9%)。

 

だって面白いもん。以下の記事でも書いたが「僕らがいた」を感じずにはいられないが、オリジナルの脚本といい、キャストといい、置きにいかず勝負に出たいい作品だと思う。以下に第3話のストーリー(あらすじ)とレビューを記載する。

【第3話ストーリー(あらすじ)】

7年ぶりに再会した三浦葵(福士蒼汰)と芹沢あかり(本田翼)は、日に日に仲良くなっていく。あかりの自宅の本棚が壊れたことにより、建築事務所で働く葵は修理を頼まれる。あかりの現在の彼氏である、同じく高校の同級生の蒼井翔太(野村周平)は、そんな2人の様子を見て焦りを募らせていく。 

2人の様子に危機感を覚えた翔太は葵を呼び出し、あかりが夢である教員試験に合格したらプロポーズを考えることを伝える。葵は戸惑いながらも「もちろん祝福する」と伝える。

後日、葵は仕事中、建築現場で行方不明のあかりの父、寛利(小林薫)と再会し、あかりが結婚すること、あかりに会って欲しいことを伝えるが断られてしまう。

葵は現在のあかりの恋人である翔太に父のことを委ねることにする。しかし、あかりから父のことを相談されると「もう忘れろ」とそっけない態度を取る。困惑するあかり。

今まで共に父のことを探してくれていた翔太が急にそっけなくなったことに悩んだあかりは葵にそのことを相談するが、葵は翔太と話いあうようにだけ伝える。

一度は納得したあかりだったが・・。留守中の翔太の部屋で7年前あかりが葵にメッセージとともに送ったはずのワンピース51巻を発見。おそるおそる中を見るとメッセージが挟んであった。

(第4話に続く)

 

【第3話レビュー】

このドラマは6つの「恋」が同時並行で進んでいる。

 

❤メイン:ストーリーに直接関係のあるもの

三浦葵(福士蒼汰)❤ 芹沢あかり(本田翼)

蒼井翔太(野村周平)❤ 芹沢あかり(本田翼)

三浦葵(福士蒼汰)❤ 冴木瑠衣子(市川由衣)

 

❤サブ:ストーリーに直接関係はないが群像劇を成り立たせるもの

金沢公平(太賀)❤ 三浦七海(大原櫻子)※葵の妹

蒼井翔太(野村周平)❤ 沢田一葉(新川優愛)※蒼井に密かに思いを寄せる同僚医師

蒼井翔太(野村周平)❤ 山城心音(大友花恋)※難病を抱える入院患者

 

ストーリーに直接関係ある関係あるのはメインの3つ。考えられるエンディングとしては下記3つだろう。可能性の高い順に並べてみる。

 

  1. 葵とあかりがハッピーエンド、翔太は2人を祝福する(70%)
  2. 翔太とあかりがハッピーエンド、葵は仕事に生きる(20%)
  3. 葵、翔太、あかりがすべて友達に戻り高校時代のような純粋な関係を築く(10%)

 

どのドラマにも必ず用意される、ストーリーを盛り上げるタガは以下で、4話以降もこれを乗り越えていくことが話の中心となるはずだ。

 

  • あかりは渡したと思い込み、葵は存在すらしらないワンピース51巻と手紙
  • あかりと翔太が付き合っている事実
  • あかりを捨てた父の存在(翔太はどういうわけか邪魔しようとしている)

 

上記に、葵と瑠衣子の関係、そして難病患者山城心音の生死などが絡み合いながら展開して行くと思われる。

第4話は8月10日21時から、期待したい。

 

こちらの記事もどうぞ

↓↓↓

同一カテゴリーの記事はこちら

 

※アイキャッチ画像出典

http://blog.fujitv.co.jp/koinaka/index.html