ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

驚くほど男が落ちる。初デートで効く3つの言葉

デートに慣れている女性も慣れていない女性も、初デートは相手の手のうちを探りきれていないため、一番ミスを犯しやすいのではないだろうか。

 

どうでもいい男であればまだしも、ハイスペックの男は大切にキープor本命に発展したいもの。そこで男が驚くほど落ちる魔法のような言葉を3つご紹介しておきたいと思う。

 

  1. 〇〇君とだったら
  2. わぁ、こういうの初めて
  3. だいぶん遊んで来たんでしょ?

 

以上、たった3つである。この3つを使いこなせば大抵の男はいい気持ちになり、その後ポジティブな発展が望める。一つ一つ紹介して行こう。

 

1. 〇〇君とだったら

これはプレミアム感の醸成である。別に何でもいい、この枕詞をつけておけば大抵男は喜んでしまう。

 

男「何食べたい?」

女「〇〇君とだったら何でもいいかな」

 

男「次も2人で会ってくれるかな?」

女「〇〇君とだったらいいよ」

 

という具合である。逆にこの言葉をつけないとどうなるだろう。

 

男「何食べたい?」

女「何でもいいかな」

 

男「次も2人で会ってくれるかな?」

女「いいよ」

 

普通の会話になってしまう。好感度もさほど上がらない。〇〇君とだったらをつけるだけで驚く程男は喜んでしまうのだ。

 

2. わぁ、こういうの初めて

これも1と同じプレミアム感の醸成だが、1がデート前での使用を想定しているのに対し、こちらはデート中での使用を想定している。

 

男「ここのパスタ美味しいんだよ」

女「こんな美味しいパスタ初めて」

 

エッチの後

女「こんな気持ちいいの初めて」

 

1よりも「無垢な自分」を印象づけるものなので若干キャラとの整合性を踏まえる必要があるがとても効率的なワードと言える。

 

3. だいぶん遊んで来たんでしょ?

これはキラーワードだ。男の承認欲求を満たす究極の言葉と言える。恐らく都内で代理店、テレビ局、商社、外銀などで働く男は社会人デビューが多い。よって実は遊んで来ていないことが多い。そして女性のレベルが高ければ高い程ビビっている。そこで「だいぶん遊んで来たんでしょ?」と言ってあげれば「俺、そういう風に見えてるんだ」と一気に承認欲求が満たされ、男の気分の良さはマックスになるのだ。

 

これ以外でも

 

  • プレミアム感の醸成(ちょっとだけ〇〇ね / 誰にも言わないでね)
  • 無垢感の醸成(緊張して〇〇できなかった / ◯◯ってあんまり得意じゃなくて )
  • 承認欲求の刺激(すごーい / 仕事早っ!)

 

は男を落とすかなり重要なキーワードと言える。

 

以上、上っ面の言葉を効率良く駆使して男を落としまくって欲しい。

 

こちらの記事もどうぞ 

↓↓↓

同一カテゴリーの記事はこちら