ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

最近のau「新しい英雄」CMが狂気じみて来た

昔話の主人公というありふれた設定を超越しはじめてきた感のあるau「新しい英雄」のCM。ここ2作がマジで狂気じみて来て個人的にはかなりヒットである。当初は桃太郎、浦島太郎、金太郎という昔話の主人公を寄せ集めて来たのはいいが、どう展開するだろうと心配していたが、最近は設定が浸透してきたからか、かなり原作のストーリーから逸脱して、さらにキャラ設定もデフォルメが過ぎて抜けて来た感ありだ。その2作をまとめて紹介したい。

 

auスマートバリュー「かぐや姫の帰省」篇


TVCM auスマートバリュー「かぐや姫の帰省」篇 - YouTube

 

桃太郎とかぐや姫が夫婦というもはや完全にオリジナルの設定と化しているが、だからこそどんなストーリーに転んでもオリジナルとして楽しめ、且つ原作の設定「月生まれ」という所をエッセンスに入れる事で万人受けしやすい企画になっている。「新しい英雄」までは目新しさはなかったが、ここまで展開させられるということはかなりCD、プランナーの力量が高いと言える。「じろりんちょ」という意味不明のセリフもネットっぽくて秀逸と言える。

 

続いて最新作。

auスマートバリュー「竜宮城ぷるぷる」篇


TVCM au「竜宮城ぷるぷる」篇 - YouTube

 

もはや狂気しか感じないが、auショップへの来店促進なのだろうか。ぷるぷるという歌詞の後の「ワッショイ」と最後の乙姫(奈々緒)の「はーはっは!!」という高笑いがもはやコンテンツとして秀逸な域に達している。かつての日産「ボーリングのピンをご用意してお待ちしております」依頼来店したくなるCMだった。

 

「うたパス」での配信が始まった浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」などCM表現のフロンティアを開拓しつつあるauのCM。今後の展開が楽しみだ。

 

こちらの記事もどうぞ 

↓↓↓

同一カテゴリーの記事はこちら

 

※アイキャッチ画像出典:PR TIMES