ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

「A-Studio」という番組の凄さ

昨日、TBSの「A-Studio」という番組を見た。2009年からやっている番組らしいがどういうわけか一度も見たことがなかった。ゲストは今飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の松岡茉優。

番組を見終えて、ただただ感心した。通常のトークバラエティはスタッフが集めて来た資料、台本をもとに当日打ち合わせをし、進行されて行くものだろう。

しかし、鶴瓶はゲストにまつわるすべての知人友人に会いに行き、話を聞き、カラオケまで一緒に行っているのだ。これは恐るべきことだ。一般の人には分かりづらいと思うが、業界は違えど制作業をしている人間としては、とてつもなく面倒くさい作業をこなしていると言える。

若いディレクターが行って話を聞くのではない、メインのキャストをアサインし取材に出かけ、たった数枚の写真を撮るのだ。毎週時間が取れる訳でもないから1日に2ゲスト用の取材に行くことも多いだろう。

制作者達、そして鶴瓶の丁寧な番組作りに感心しつつ「折角だからムービーでおさめよう」としないセンスとプロ意識も垣間みた。

www.tbs.co.jp

 

↓ こちらの記事もどうぞ

(27時間TV)岡村の1時間ぶっ通しダンスは出演者も視聴者も裏切るフジテレビの最低な演出

「天皇の料理番」のジュテーム(I love you)の訳し方が秀逸すぎた

フジテレビ月9「恋仲」が胸キュン過ぎてどうしていいか分からない(第1話・第2話レビュー)

 

 

↓ twitterで更新情報、twitter限定投稿配信中