読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

映画評「アロハ」

映画「アロハ」見た。前半は観光映像っぽかったり、恋に落ちる二人の都合が良過ぎたりと見るの止めようかなという感じだったが、ラストシーンは圧巻だった。ここだけずば抜けて素晴らしかった。父と告げていない娘のフラダンス教室を見に行く父、娘は知り合いのおじさんが見に来たと気づく。しかし、次第に父の表情で、自分の親だと気づき、驚き、涙し、父のもとに駆け寄る。この一連感情表現が一言のセリフもなく、絶妙に表現されていたのだ。このシーンだけ取れば歴代の名映画に並ぶのではないか、それくらい感心した。

 

出演:ブラッドリー・クーパー, エマ・ストーン, レイチェル・マクアダムス, ビル・マーレイ

監督:キャメロン・クロウ

脚本:キャメロン・クロウ

製作国:アメリカ

★★★

 

↓ こちらの記事もどうぞ

映画評「TED2」

映画評「アントマン」

 

 

↓ twitterで更新情報、twitter限定投稿配信中