ハイヒールで踏みつけるブログ

年収2000万前後のクリエイティブ系OLが毒を吐く

映画評「キャロル」

f:id:n_blahnik:20160413193226j:plain

キャロル見た。1950年代の女性の同性愛の話。素晴らしかった。派手なシーンはないけれど、静かに感情が動いていく大人の映画。ラストが派手じゃないところも好みだった。

 

出演:ケイト・ブランシェット, ルーニーマーラ

監督:トッド・ヘインズ

脚本:フィリス・ナジー

製作国:アメリカ

★★★★

 

 

↓ twitterで更新情報、twitter限定投稿配信中